カウンセリング

痛みを抑えた治療が可能

女性

痩身の施術を希望したい

30代・40代と年齢を重ねるごとに代謝が落ちてきて、太ももやウエスト、お腹などに贅肉が付きやすくなります。その為、美容外科のクリニックで脂肪吸引の施術を受けたいと考える人が増えています。脂肪吸引は、脂肪の気になる部分にメスで切開をして、内部に管を入れて脂肪を吸引する治療法です。確実にサイズダウンができますが、手術なのである程度のダウンタイムは必要になります。なので、なるべく体に負担を掛けずに、痩身の治療を受けたい人は、脂肪溶解注射による治療がお勧めです。脂肪溶解注射は、脂肪溶解剤を脂肪組織に注射器で注入することで、脂肪を体外に排出する働きがあり、部分痩せを成功しやすくなります。脂肪吸引に比べると、手術ではなく化学療法なので、体に負担が少なく、痛みや内出血を抑える効果があります。仕事や家事で忙しい人が多いですが、脂肪溶解注射の施術を受けた後は、翌日から通常通りの生活ができるので、安心できます。また、脂肪吸引は、多くのメリットがある痩身法ですが、多少は傷跡が残る場合がありますし、皮膚の形状がでこぼこしてしまう場合があります。なので、脂肪吸引の施術を希望している人は、高い技術を持った医師が在籍をしている美容外科を選ぶ必要があります。また、脂肪溶解注射のデメリットは、複数回の施術が必要になる場合があるので、医師にきちんと説明を受けておく必要があるということです。しかし、脂肪吸引に比べると、脂肪溶解注射の痩身は、比較的費用もリーズナブルになっており、お財布にも優しいのが特徴です。脂肪吸引も脂肪溶解注射も、どちらもメリットとデメリットがあるので、医師に相談をして、最適な方法を提案してもらう必要があるでしょう。二の腕やお腹、ウエストなどの部分を引き締めたい人には、脂肪溶解注射がお勧めです。脂肪細胞の数を減らすことができるので、自己流のダイエットに比べるとリバウンドが少ないのが魅力です。脂肪溶解注射は、施術時間も短時間なので、幅広い年代の人が通院をしています。若い年代の人も太りやすい体質で悩んでいる人は、美容外科で痩身の施術を受けてみると良いでしょう。