カウンセリング

痩身系美容整形の種類

ナース

痩身系の美容整形にはいくつかの種類があるので、手術の特徴をよく知ってから選ぶことが大切です。大幅に体重を落としたい場合、即効性を求める場合は、脂肪吸引手術があります。脂肪吸引手術は、蓄積した脂肪をカニューレで吸引する痩身系の美容整形です。この手術の場合は大量の脂肪をとることが可能です。また、一回の手術でしっかりと痩身効果があるのもメリットです。ただし、カニューレを脂肪に入れる際にメスで切開するので、手術をした傷あとが残ります。また、手術後のダウンタイムもあります。ダウンタイムには個人差がありますが、腫れがすっかり引くまでに一か月程度かかるのが一般的です。最低でも抜糸をするまでの一週間は、安静にして過ごす必要があります。会社や学校はできるだけ休みをとり、無理をしないで自宅でゆっくりと過ごしたほうが腫れが引きやすいです。仕事に穴をあけたくない場合、体に手術跡を残したくない場合は、脂肪吸引以外のプチ痩身がお勧めです。プチ痩身で脂肪吸引のように一回で大量に脂肪をとることは難しいです。しかし、ゆっくりと痩せていくので、体に負担がかからないのがメリットです。メスを入れる手術をするわけではないので、体に手術跡が残らないのも魅力です。また、プチ痩身はもともと痩せ体質でお尻や太ももなど部分ごとに痩せたい人にも向いています。脂肪溶解注射(メソセラピー)は、代表的な切開なしのプチ痩身です。脂肪溶解成分を脂肪がついている部分に注入し、脂肪を溶かして体外に排出します。脂肪溶解注射は、顔、手足、背中、ウエストなどの部分痩せに最適です。気になる部位に注射をしてしばらくすれば、自然に脂肪が代謝されてなくなっていきます。脂肪溶解注射をしたあとは注射針のあとが残りますが、しばらくすれば消えます。基本的に注射をしたその日のうちからシャワーも可能です。脂肪溶解注射は料金がお手頃なのも魅力の一つです。一回の注射でかかる料金は1万円〜1万5千円ほどが相場です。脂肪細胞そのものがなくなるので、一度痩せてしまえばその体形をずっとキープできます。